探偵にペット捜索調査を依頼 - 探偵に依頼!!悩み解決マップ

探偵に依頼!!悩み解決マップ > 探偵にペット捜索調査を依頼

探偵にペット捜索調査を依頼

大切なペットが何らかの理由で帰ってこない場合、飼い主はとても心配をする事でしょう。そのような時、探偵にペット捜索調査を頼むというのも一つの手段です。探偵にペット捜索を依頼する際の注意事項やポイントについて、解説したいと思います。

ペットはいなくなった時間が長いほど危険な状態となりますので、できる限り早く探した方が良いでしょう。例えば、ペットが普段行かないような見知らぬ世界に足を踏み込むと、交通事情が解からないので事故に合う確率もグンと上がります。また全国所々にある、保健所や動物愛護センターに保護されてしまう事もあります。こういった施設で捕獲されると、基本的には飼い主の連絡待ちになるのですが、それでも飼い主と連絡が取れなければ新しい飼い主に引き取られてしまいます。また最悪の場合は、殺処分となる場合もあるのです。

探偵にペット捜索の依頼をすると、まず飼い主から対象のペット情報などを事細かにヒヤリングします。そして情報収集後に、独自の連絡ルートを使い情報を拡散させると同時に、保健所や動物愛護センターなどに収容、捕獲がされていないかを確認するのです。それでも見つからない場合は広告やチラシを配布し、近隣住民の目撃情報などを収集します。さらにペットを見つけた場合の捕獲方法として、飼い主の声を録音したりもします。

ペット捜索で最も重要な事は、できるだけ早く見つけてあげる事です。その理由として、発見や保護が遅くなればペットの命に危険が迫る事になるからです。そのため探偵は飼い主に色々な質問をして、ここから得た情報から捜査範囲を絞ったり、捕獲する際の作戦を練るのです。よって飼い主は些細な事でも何でも良いので、知っている事は全て話した方が良いでしょう。そして独自の連絡ルートを使いつつ周りから情報収集を行い、早期発見に繋げます。またチラシや近隣住民に対して聞き取りをすることで、発見情報や目撃情報を逃さないようにしています。

探偵のペット捜索に掛ける時間は限られており、大概は他の案件に余裕がある場合に限り、1日約8時間ほど探します。そしてもし発見したペットがパニックになっていたら、餌付けをしてパニック状態を回避する努力をします。またペットの足取りが判明してきた場合は、独自に開発した捕獲機などを仕掛けて捕獲します。この捕獲機については、一般的なねずみ取りを大きくしたような物を連想する方もいると思います。しかし探偵が使用する捕獲機は探偵事務所により異なりますが、ほとんどはペットが捕獲されると優しく戸が閉まるような工夫がされています。そのためペットが脅えたり暴れたりすることもなく、優しく保護する事ができるのです。

大切なペットが返ってこなければ心配が募り、何も手が付かない状態になると思います。そのためペットがいなくなったと確信したら、すぐにでも捜索をした方が良いでしょう。また紹介したように、探偵に依頼するのもいいでしょう。この場合は探偵事務所によって対応が異なりますので、探偵とよく相談をして大切なペットを探しましょう。